natsのブログ

日常で気になったことを投稿しています。

ドーパミンのコントロール。ワクワクする瞬間。計画を立てることの重要性

今回書いている内容は、普通の人ならば日常的に実践していると思います。至ってまともなことを書いているだけなので、あまり面白さはないかもしれません。

最近、ワクワクする出来事とか、何かありましたか?

一般の生活で言えば、

  • 検定試験に合格した
  • 楽しい旅行の予定がある
  • 友達と遊ぶ約束をした
  • 親友と飲み会の約束をした

といった感じで、楽しそうな出来事が未来にやってくるって思うとワクワクしますよね。

この『ワクワク』『ドキドキ』といった感情はドーパミンの分泌によるものだとされています。

 

『ワクワク』『ドキドキ』がないと人生つまらない!

当たり前のことですよね。

長い間引きこもり生活を送っていると、この『ワクワク』『ドキドキ』を感じる機会が激減してしまいます。

(将来のことを考えて嫌なドキドキを感じることはありますけどね...笑)

最近読んだ本によると、ドーパミンの分泌はコントロールできるらしく

目標を設定したときと目標を達成した時にドーパミンが分泌されるとのこと。

目標達成した自分をイメージすることも重要だそうです。

例えば

今日こそは定時に退社したい!と思いますよね。そうしたら定時に退社するにはどうしたらよいか考え、計画を立てます。←この時点で1回目のドーパミン分泌が行われます。

そして、努力の甲斐あって定時退社。やったね!←ここで2回目のドーパミンが分泌されます。

 

長期的な目標を達成するには?

5年後にこうありたい!と目標を立てたはよいが、取り組もうとしてもなんだがモヤっとしてなかなかモチベーションが上がらないなんてこと、よくありますよね。私はそうです。

しかし、短期間で実現可能な目標を立てて、その実現を繰り返すことで大きな目標を達成できるなると..なんだか出来そうな気がしますよね。

「大きな目標」を「小さな目標の積み重ね」に置き換えることで、モチベーションを維持しやすい無理のない目標を立てることができるというわけです。

 

ですから、やりたいことがあればとりあえず出来そうなことからやってみて、次の小さな目標を立てて達成。小さな目標を立てて達成。を繰り返しているうちに最初の地点からは想像もしていなかった地点に到達できる可能性もあるということですね。

 

記事を書いている私もワクワクしてきました。「もうすぐで記事が書き終わりそう」ということでおそらくドーパミンが分泌されているのでしょう。

 

要するに

何かを始めたい、けど始められないという状態のときは、とりあえず簡単な目標を立てて小さな達成感を積み重ねていくことが大切でしょう。

まあ、普通の人からしたら「何当たり前のことを言っているんだw」といった感じでしょうが、恥ずかしながら私は今まであまり実践できていませんでした。

毎日ワクワクして生きていけたら最高ですよね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

文中に何か間違いなどがありましたらコメント等でご指摘いただければ幸いです。